資金の使途は自由

消費者金融の借金は、生計費に限定すると資金の使途は基本的に自由となっています。簡単に言うと、生計費というのは生活する際に必要なお金であり、はっきりした定義が生計費そのものにあるということではありません。
生活するためのお金としているので、当然ですが家賃や携帯代、光熱費などの支払い目的の借入でも問題ありません

また、消費者金融からの借金が支払いのため場合は、審査に良くない影響が及ぶのではないかと心配に思う人も多くいるそうです。しかしながら、特に実際には審査には関係ないそうです。
消費者金融の申し込み基本的に、どこで借金するにしても生活費を目的にキャッシングを利用することが多く、やはりいろいろな支払いや家賃が目的というような人も多くいます。

消費者金融の場合、申し込みの際の資金の使用目的はあまり意味がないそうです。
他の消費者金融業者へ支払う目的の場合でも、資金の用途を生活費としてしまうと分かりません。
そのため、どのようなものに借金を使用したかということを、後から聞かれるようなこともありません。
わざわざ申告する必要ももちろん無いし、どのように何に使用したかということは消費者金融業者としては全く関係がないことなのです。