資金の使途は自由

消費者金融の借金は、生計費に限定すると資金の使途は基本的に自由となっています。簡単に言うと、生計費というのは生活する際に必要なお金であり、はっきりした定義が生計費そのものにあるということではありません。
生活するためのお金としているので、当然ですが家賃や携帯代、光熱費などの支払い目的の借金でも問題ありません。

また、消費者金融からの借金が支払いのため場合は、審査に良くない影響が及ぶのではないかと心配に思う人も多くいるそうです。しかしながら、特に実際には審査には関係ないそうです。
基本的に、どこで借金するにしても生活費がキャッシングを利用する目的で一番多いものであり、やはりいろいろな支払いや家賃が目的というような人も多くいます。

消費者金融の場合、申し込みの際の資金の使用目的はあまり意味がないそうです。他の消費者金融業者へ支払う目的の場合でも、資金の用途を生活費としてしまうと分かりません。そのため、どのようなものに借金を使用したかということを、後から聞かれるようなこともありません。
わざわざ申告する必要ももちろん無いし、どのように何に使用したかということは消費者金融業者としては全く関係がないことなのです。

交際費が不足する場合

消費者金融を利用するのは、交際費が不足する場合です。交際費に関しても、付き合いする場合にはお金が結構必要になりますね。

例えば、男性の場合には、仕事上の付き合い、飲みに後輩と行く際の奢り、接待などでお金が結構かかります。交際費については、ある程度仕方がないところですが、当然ですが回数が多くなると不足してきます。
特に後輩と飲みに行く場合は、奢るのが基本になっていることもあるため非常にお金がかかります。

一方、女性の場合には、女子会、ママ友の会、会いに行く時の服装などでお金が結構かかります。
最近は、女性の場合でも、居酒屋などで昼間から主婦が女子会を行っていたり、少しおしゃれなところやカフェなどでママ友会を行っていたりします。金銭感覚が同じような人が集まるような会であればそれほど問題ありません。

しかしながら、金銭感覚が違っているような人が集まるような会であれば非常に大変です。例えば、洋服の新しいものが必要になったり、ママ友会の場合には、気を使って子供の洋服なども新しく買ったりするようです。男性の場合も女性の場合も、交際費が不足してきて消費者金融を利用する場合が多いということも理解できるような気がします。

生活費が不足した場合

消費者金融を利用するのは、生活費が不足した場合が多いようです。生活費が不足するのはいろいろな理由が考えられますが、結局は生活費の収入内における割合が間違っているからです。

例えば、生活費の割合を別に必要なお金に比較して多くしていると、生活費は余裕があるでしょう。一方、生活費が不足する場合は生活費の割合が少ないでしょう。
もちろん、もしいつも余分に購入する生活費が必要であれば、生活費の割合をその分を入れて考慮する必要があります。

生活費が不足している場合は、まず、無理がどこにあるかをチェックすることが必要です。
基本的に生活が収入以上のものになっていないか、無駄に毎月使っていないか、節約できるところはないか、などをチェックしてみましょう。ほとんどの場合、無駄がどこかにあるはずです。
必ず必要なものをリストアップしてみましょう。必要なものをプラスして、毎月必要な費用を計算してみると、たぶん収入をオーバーしているでしょう。もし収入をオーバーしている場合は、もっと細かく項目ごとに分けてお金を何に使っているか把握しましょう。そして、お金を何に使っているかチェックしてみると、あまり必要ないものを買っていたりなど、要因を把握することができます。

参考資料 > 給料日前の生活費の足しに便利な一週間無利息の消費者金融「ノーローン」

消費者金融の利用目的

どのような目的で消費者金融を利用しているのでしょうか?もちろん、消費者金融というのはお金を借りるところであるため、お金が必要であるため利用するのでしょう。では、消費者金融で借りたいと考えるのはどのような場合なのでしょうか?
消費者金融で借りたいと考えるのは、お金があればいいと考える場合で、具体的には欲しいものを購入したい場合、贅沢したい場合、大切な人のためにお金を使いたい場合、もう少しギャンブルでお金を使いたい場合などでしょう。

個人によって、お金があればいいと考える場合はいろいろあるでしょう。
大切な付き合いがお金が給料日前で無いのにあったり、必ず後で返ってくるお金であるが立替えする必要がある場合など、お金が必要になることもあります。このような場合に貯金があると問題ないですが、貯金が誰でも多くあるということではないため、選択方法の一つとして消費者金融を利用します。

消費者金融は最近金利も低下しており、コンビニを利用することも可能で、即日融資もできます。非常に便利な消費者金融であるのは間違いないでしょう。しかしながら、利息無しで借りているのではなく、基本的に融資してもらう場合には利息を返済することが必要です。
消費者金融の利用目的を詳しく紹介しているようなサイトもあります。消費者金融を利用する場合には参考にしてみましょう。本サイトでは、生活費が不足した場合、交際費が不足する場合、資金の使途は自由、についてご紹介します。